お問い合わせ

コミュニケーション

【バイト面接】合わないと思ったらどう伝えるべき?

求人広告を見て、会社情報、職場の雰囲気が自分が求めている条件に合致する、求めているバイト先だと感じ、バイトの面接を受けてみた、またはまだ受ける前だけど、応募先の会社が思っていた感じとちょっと違う、なんか合わないなと思ったという経験は、学生時代、さまざまなアルバイトを経験された方ならよくある話ではないでしょうか。

バイトの面接で合わないと思ったら、どのように対応すればよいのでしょうか?

今回はバイト面接について合わないと思った時の対応パターン5つについて解説していきます。

【バイト面接】合わないときに取る対応5パターン

バイト面接を受けたが、合わないと感じたときに取る対応方法は以下の5つ。

  1. 面接を辞退する
  2. 採用されてから伝える
  3. 採用されても連絡を返さない
  4. その場でお断りする
  5. 合わないと思ってもとりあえず体験してみる

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

1.面接を辞退する

まずは、面接する前に辞退を申し出るケースです。

いくつか候補となる職場に連絡をし、面接のアポイントを取ったとします。

そして、順番に面接を受けていく中で、採用条件も職場の雰囲気も良いバイト先に巡り会えた場合や、採用倍率が高く早く決めておかないと定員が埋まってしまうような人気の職場の場合は、「よし、ここに決めよう!」と即断するかもしれません。

そういった場合、その後に予定していた面接は辞退することになりますから、後に予定していた職場には早い段階で辞退の連絡をするようにしましょう。

バイトの面接を辞退する例文

先日は、アルバイト面接の調整をしていただきありがとうございました。
その後、いくつか面接を受けた中で、私の条件に合致する職場が見つかり採用が決まったため、今回調整していただいた面接は辞退させていただきます。
お手数おかけしてしまい申し訳ありませんが、何卒ご理解いただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

まれに、

https://chan-tsuta.com/wp-content/uploads/2022/12/avatar03-cry-300x300.png

バイト面接を辞退したら怒られた

と落ち込んでしまう方や、必要以上に辞退するのが怖い考えている方がいらっしゃいますが、上記例文のようにきちんと礼節を守っていればこちらに否はないですし胸を張って辞退して良いとも、私は考えます。

採用側からすると、働く気がないにも関わらず、怒られたくないから面接は受けておこうとされたほうがお互いの時間(面接ややり取りにかかる手間)が無駄にならずにすむはずです。

お互いにとって不毛で不利益な時間を作ってしまわないためにも、面接前でも採用が確定している場合は、早期に先方に連絡を入れるようにしましょう。

そして、一番やってはいけないのはドタキャン(無断キャンセル)です。

採用側は、あなたのために忙しい時間を割いて面接の時間を設けてくださっています。

採用が決まったのが、次の面接の直前だったとしても必ず理由を説明して辞退の連絡をしてください。

2.採用の回答を受けてから伝える

採用されたと連絡が来た際、

https://chan-tsuta.com/wp-content/uploads/2022/12/avatar03-straight-300x300.png

すみません、他のバイト先が見つかりましたので…

など、きちんと理由を伝えた上でお断りします。

この場合、応募人数が少なかったり、急募だった場合、採用先の企業に迷惑が掛かってしまう場合がありますが、1のケース同様事実をお伝えするようにしましょう。

3.採用されても連絡を返さない

面接を受けた職場から採用された旨のメールが来ても、すでに他で決めてしまったから、または合わないと思ったから面倒だし気まずいから返信しない。

これは社会人としてNGな行為です。

まだ実際に労働していないとはいえ、選考の上採用されたわけですから、誠実に対応する必要があります。

学生だから許されることでも、社会人ではまかり通らないこともありますので、きちんと対応する勉強の機会だと考えてみてください。

いつか廻り廻ってその企業や面接官とご縁がつながる可能性もあります。

近所の職場だった場合、駅前でばったり会ってしまうなんてこともありえます。

確かに、辞退の連絡は相手にとっても良い報告ではないかもしれませんので、連絡するのは怖かったり不安に感じたりするかもしれませんが、勇気を持って対応してください。

このときは大変だったと思うかもしれませんが、いずれあなたのコミュニケーションスキルやキャリアに良い影響を及ぼすでしょう。

なぜなら、みんなが嫌がることや面倒だと思うことにこそ価値があり、それをできる人が高く評価されるからです。

少し話しが逸れましたが、いついかなる時も良好な人間関係を保てるようにしようと前向きに考えて行動してみると応募先に連絡する苦痛も軽減するかもしれませんね。

4.その場でお断りする

面接を受けてみたけれど、条件が合わない、雰囲気が悪いからやめておこう、なんだか(逆に)受かりたくないと感じてしまうこともあるはずです。

その場合はその場で辞退を申告しましょう。

その場でお断りしたら、面接担当者に嫌な顔されたり怒られたりするのではないかと思うかもしれませんが、あいまいにどっちつかずの返事をするよりはよっぽどマシですし、誠実性という観点で観ればこちらの方が高評価を受けます。

https://chan-tsuta.com/wp-content/uploads/2022/12/avatar03-straight-300x300.png

●●の理由から私には合わないと感じました。

などときちんと理由を説明することで、もしかしたら、

https://chan-tsuta.com/wp-content/uploads/2022/12/avatar04-kind-300x300.png

それではこういう条件ではどうですか?

とその場で好条件のオファーが得られる可能性もあります。

5.合わないと思ってもとりあえず体験してみる

バイト面接時は合わないと思っていたけど、いざ働いてみたら自分に合った職場だったという可能性も多々あります。

せっかく選考してくれたのだから一度体験してみようという考え方も全然ありだと思います。

少し働いてみて合わないと思ったから辞めるというのは、労働者、雇用される側としては当然の権利です。

もしどうしても辞めにくい状態になるのが不安でしたら、そのままの気持ちを面接担当者に伝えてみることで、

https://chan-tsuta.com/wp-content/uploads/2022/12/avatar04-smile-300x300.png

せっかくのご縁ですし、お試しでもいいから少し体験してみてはどうですか?

と考慮してくれるかもしれませんし、それは困るということであれば、きっぱりお断りすればよいでしょう。

また、体験してみたけれどやはり合わないと思った場合も正直に合わなかった旨をお伝えするようにしましょう。

誰でも初出勤時は緊張していますし、仕事内容もどんな人と一緒の職場なのかもよく分からないと思います。

可能であれば初日だけで判断せず、少なくとも1周間程度働いてみて自分に合っている職場かどうか決めるのが良いでしょう。

バイト面接先への連絡方法はメールがいい?それとも電話?

これまで挙げてきたケースの中では先方に連絡しなければならない場面があります。

このとき、対面、電話、メール、SNSなど様々考えられますが、どの連絡方法が良いのでしょうか?

これについては、「相手に合わせる」というのが最善です。

つまり、面接のアポイントを入れたときや面接の際に、連絡はどの方法で取るのが良いのか確認しておくことです。

  • 求人サイトに記載されている連絡先
  • 面接時にもらった名刺に記載されている連絡先
  • 徒歩圏内の近所の会社であれば対面

相手にとって、どの時間帯、どの方法で連絡するのが都合が良いのか考え、わからない場合は素直に訊いてみましょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. シフトを代わってもらうときの伝え方で注意しておきたいこと(例文あり)【アルバイトの心得】

  2. 【バレンタイン】クラス全員にチョコをあげるのはアリ?それともナシ?

  3. 【バイト面接】合わないと思ったらどう伝えるべき?

ピックアップ記事

  1. 作業スペースと情報量の比例関係【ちゃんと伝えるライティング】

  2. タイピングスピードと情報量の比例関係【ちゃんと伝えるライティング】

  3. 多面的に情報を捉える【CDDの法則】とは?

アーカイブ