お問い合わせ

ライティング

「PREP法」とは?【ちゃんと伝えるライティング】

「PREP法」とその重要性

「PREP法」は、ポイントを明確に伝え、理由や事例で裏付けることで、読者に訴えかける文章やプレゼンテーションを作成する高効果な手法です。

PREPは「結論(Point)」「理由(Reason)」「事例(Example)」「結論(Point)」の頭文字を取っており、この順序で訴えを構築していくテクニックです。

  • P:結論(Point)
  • R:理由(Reason)
  • E:事例(Example)
  • P:結論(Point)

「PREP法」の基本構造と適用例

結論(Point)
最初に、何を伝えたいのかを明確にします。
例: エコバッグの使用が環境に良い影響を与える。

理由(Reason)
次に、その結論に至った理由を述べます。
例: プラスチック廃棄物を削減できるからです。

事例(Example)
理由に具体的な裏付けとなる事例を示します。
例: スーパーマーケットでエコバッグを使うことで、一回あたり約1~3枚のプラスチック袋を節約できる。

結論(Point)
最後に、最初の結論を再確認します。
例: このようにして、エコバッグの使用は環境に良い影響を与えるのです。

「PREP法」を活用してX(旧 Twitter)に投稿してみよう:例文を10個紹介

まずは、練習として短文で投稿できるX(旧 Twitter)などで練習してみるとよいと思います。

慣れてきたらこれに肉付けしていく形で話を膨らませていくのが理想的ですね。

以下に140文字以内で「PREP法」を活用した例文を7つ挙げてみます。

エコバッグは環境に良い。なぜかというと、プラスチック袋の使用を削減し、海洋汚染や動物への影響を減らすからだ。スーパーで使うと一回の買い物でも1~3枚の袋が節約できる。地球を守るため、社会全体でエコバッグを普及させよう。

PREP法って知ってる?これはライティングが格段に良くなるテクニックだ。情報が整理され、理解しやすくなる。読者も喜ぶから、ライター、ブロガーには欠かせない。ライティングの質を向上させるために、PREP法はマジでおすすめですよ。

今更だけどテレワーク、いいよね。働き方がガラッと変わり、場所や時間に縛られないから自由度が上がる。家でも集中して効率がアップする。遠隔地にいる家族にも会える時間が増えたし、ロケーションの良い場所で癒されることもできる。これはこれからも自由な働き方のひとつとして広がってほしいです。

短編小説は短時間で楽しめるのが素晴らしい。現代人は忙しいから、通勤中にサクッと一話読めるのが最高。短編小説は、現代人の高度な生活リズムに適した、注目すべき新形態の文学だと思います。

アートは人生を豊かにする素晴らしいもの。美術館で一つの作品に心を打たれ、感動や発見があり、人生観が変わることもあるでしょう。日々の生活にアートを取り入れて、精神的な充足と豊かさを得よう。

スマホの便利さは今や日常に欠かせない存在。情報検索からショッピング、ゲーム、エンタメ、連絡まで、何でもできる万能ツール。だけど、その便利さが仇となり依存することも。何事も適度な使用が大切ですね。

私にとってペットとの時間は心の癒しでしかない。無償の愛を感じられて、ストレスも減るし。犬の散歩や猫とのじゃれ合いは心を軽くしてくれて、とても良い影響を与えてくれます。だからペットは単なる動物ではなく、家族なんです。

現代人の時間管理は非常に難しい。なぜかというと、多くのタスクに追われ、計画性が失われがちだから。緊急性と重要性のマトリクスでタスクを4つに分類して、しっかりと計画を立て、実行することが成功の鍵です。

ビジネスでの失敗、その多くはコミュニケーションの不足が原因です。定期的なミーティングで情報共有をし、進捗を確認することが重要。従業員間の信頼関係を築くためにも、コミュニケーションは不可欠です。

人間関係の煩わしさは、多くの場合、期待値の違いから生まれます。そこで重要なのは、期待を明確にして誤解を避けること。これにより、相手との期待値が合致し、より健全な関係が築ける。だから、明確なコミュニケーションが人間関係を良好に保つ鍵なのだ。

「PREP法」使用時の注意点:NG例とその解説

上記、短文での活用事例はなんとなくご理解いただけたのではないでしょうか。

では、次は長文になった場合の事例です。

「PREP法」を効果的に活用する際には、いくつかの共通の間違いを避けることが重要です。

以下に、よくあるNG例とそれらの解説を提供し、これらのミスを避けるための指針を提供します。

NG例① 出口が複数ある

画像:出口が複数あると迷ってしまう

画像:出口が複数あると迷ってしまう

結論やポイントが複数あると、読者はどのポイントに焦点を当てればいいのか混乱してしまいます。

以下にNGとなる例文を挙げてみましょう。

テーマ:時間管理の重要性
[P]私が伝えたいことは、時間管理が非常に重要だということです。
[サブP] そのメリットは3つで、
①効率が上がる
②ストレスが減る
③自由な時間が増える
という点です。
[R] 時間管理が重要なのは、これらのメリットを享受でき、人生の質が向上するからです。
[E] 例えば、
①については、タスクを早く終わらせることができます。
②については、締切に追われることなく生活できます。
③については、趣味や家族との時間が確保できます。
[サブP] そして、さらに2つポイントがあります。
①睡眠の質が向上する
②健康に良い
[R] それはなぜかと言うと、生活のリズムが整うからです。
[E] さらに、睡眠時間が確保できるため、集中力が高まります。バランスの良い生活ができるため、心地よく過ごせます。
[P] だから、時間管理が重要であり、生活の質も向上するのです。

この文章では、「時間管理が非常に重要です」という主要な「[P] ポイント」が設定されています。

その後に3つのサブポイント(効率が上がる、ストレスが減る、時間が増える)と理由(人生の質が向上する)が続き、「[E] 事例」でそれらを具体化しています。

しかしここで問題となるのは、新たな2つのサブポイント(睡眠の質が向上する、健康に良い)が加わっていることです。

新たな理由(生活のリズムが整う)と事例も追加され、結論として「時間管理が重要であり、生活の質も向上するのです」と締められています。

このように一つの文章で複数の「PREP法」が使われると、どのポイントが最も重要なのかが不明瞭になり、読者がメッセージに混乱してしまいます。

「PREP法」を効果的に使用するには、一つのクリアなメッセージに焦点を絞り、そのメッセージを裏付ける形で「[R] 理由」と「[E] 事例」を用いることが重要です。

NG例② ジャーゴンや過度な専門用語を用いてしまう

画像:専門用語を理解できない

画像:専門用語を理解できない

たとえ正確に「PREP法」を使用していたとしても、専門用語や業界独自の言い回し(ジャーゴン)を多用すると、一般の読者はついてこれなくなります。

以下はその例文です。

エコバッグの利用は、循環型社会の構築に貢献します。これは、サステナビリティと炭素足跡の削減に直結しているからです。

以下のように、さらに長文だとさらに難解になりますね。

テーマ:UXデザインの重要性
私が伝えたいことは、UXデザインの重要性です。

ポイントは3つあります。
①ユーザージャーニーマッピングによるエクスペリエンスの可視化
②ヒューリスティック評価を用いたUIの最適化
③A/Bテストによるコンバージョンレートの向上
これが重要なのは、優れたユーザーエクスペリエンスがブランド価値を高め、リテンションレートを向上させるからです。
例えば、
①ユーザージャーニーマッピングではタッチポイントごとのフリクションを明確にし、ユーザーが最小限の労力で目的を達成できるようにデザインします。
②ヒューリスティック評価では、ジャコブ・ニールセンの10のユーザビリティ原則に基づき、UIの課題を特定します。
③A/Bテストでは、異なるバージョンのUIを用意して、ユーザーの行動を分析し、コンバージョンを最適化します。
だから、UXデザインは事業成功に不可欠であり、これらの手法を熟練しておくことが重要です。

この文章では、PREP法自体は適用されていますが、ジャーゴン(業界独自の言い回し)や専門用語が多すぎて一般の読者には理解しにくいでしょう。

「ユーザージャーニーマッピング」や 「ヒューリスティック評価」、「コンバージョンレート」など、専門的な用語が多用されています。

このような文章は、専門家同士の間では有用かもしれませんが、一般の読者にはアクセスしにくい内容となってしまいます。

そのため、聞き手の知識レベルを考慮して、ちゃんと伝わる言葉選びをすることが重要です。

そのうえで「PREP法」を活用することで、格段に「伝わるメッセージ」へと変わります。

まとめ:「PREP法」でちゃんと伝わる質の高いコンテンツを

「PREP法」を用いることで、誰もが短時間で効果的な伝え方ができます。

特に、X(旧 Twitter)などの短文メディアでもその力を発揮することが確認できます。

しかし、その効果を最大限に活かすためには、分かりにくい表現や複数のポイントを避け、文章をシンプルに保つことが重要です。

これによって、より多くの人々に、より効果的にメッセージを伝えることができるでしょう。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

新着記事

  1. シフトを代わってもらうときの伝え方で注意しておきたいこと(例文あり)【アルバイトの心得】

  2. 【バレンタイン】クラス全員にチョコをあげるのはアリ?それともナシ?

  3. 【バイト面接】合わないと思ったらどう伝えるべき?

ピックアップ記事

  1. 高速バスで席移動する場合に気を付けたい5つのポイント

  2. 【バレンタイン】クラス全員にチョコをあげるのはアリ?それともナシ?

  3. 三点リーダーを使いすぎていませんか?【ちゃんと伝えるライティング】

アーカイブ